ウォーシュFRB理事:景気回復策の反転で積極性必要な可能性

米連邦準備制度理事会(FRB)の ウォーシュ理事は24日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子 版)に寄稿し、経済と金融市場の回復のための措置を反転させる際に は、FRBの政策当局者はその開始時と同様の積極性が必要になるかも しれないとの認識を明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE