米ブラックロック:BHPやリオの株式買い増し-商品相場上昇を予想

米投資会社ブラックロックは、景 気回復による商品相場の上昇を見込み、オーストラリアのBHPビリ トンなど多角的鉱山会社の株式を買い増した。同社の運用資産総額は 1兆3700億ドル(約125兆円)。

ブラックロックの運用担当者、キャサリン・ロー氏(ロンドン在 勤)は電話インタビューで、同社が「ここ数週間に」英豪系リオ・テ ィントやブラジルのヴァーレの持ち高も増やしたことを明らかにした。 世界景気が回復し中国での消費拡大が他国にも波及するとの観測を背 景に、商品24銘柄で構成するスタンダード・アンド・プアーズのゴー ルドマン・サックス商品指数(S&P GSCI商品指数)は年初来で 29%上昇している。

ロー氏は24日、電子メールでの文書で「世界的な経済危機の大半 は過ぎ去ったとの見方が投資家の間で強まっており、商品相場はさら に上昇するだろう」と予想。「バルクコモディティのほか銅やプラチナ などは供給サイドが逼迫(ひっぱく)し、需要が回復していることも あり市場の需給が引き締まり相場も上昇する可能性が高いことから、 オーバーウエートとしている」と指摘した。

ブラックロックの文書によると、BHPやリオ、ヴァーレは既に 8月31日時点で同社が運用する資産規模99億ドルの「ワールド・マ イニング・ファンド」の持ち高のうち最も大きな部分を占めていた。 ブルームバーグ・データによると、同ファンドの年初来の運用成績は プラス82%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE