加リサーチ・イン:9-11月売上高、市場予想下回る見通し

多機能携帯端末「ブラックベリ ー」を製造・販売するカナダのリサーチ・イン・モーション(RI M)は24日、2009年9-11月(第3四半期)の売上高について、 アナリスト予想を下回る見通しを示した。また、米アップルの携帯電 話端末「iPhone(アイフォーン)」に対抗するため携帯端末を 値下げする可能性を示唆した。これを受けて株価は時間外取引で下落 した。

RIMの発表によると、同四半期の売上高は36億-38億5000 万ドルになる見通し。アナリスト予想平均では39億1000万ドルが 見込まれていた。

多くのアナリストは、iPhoneやパームの「プレ」などに対 抗するため、RIMが年内にタッチスクリーン方式の「ストーム」の 新機種を投入すると予想している。アップルとパームがともに一部携 帯端末価格を引き下げたことを受け、RIMは値下げ圧力に直面して いる。

RIMの株価は時間外取引で一時、12%安の73ドル。ナスダッ クでの通常取引終値は前日比2.71ドル安の83.06ドルだった。株価 は年初来で2倍に上昇している。

RIMは新製品開発・販売関連コストの上昇を背景に、9-11 月期の利益が一部予想を下回るとの見通しも示した。

同社がこの日発表した6-8月(第2四半期)決算は、純利益が 4億7560万ドル(1株当たり83セント)と、前年同期の4億9550 万ドル(同86セント)から減少した。売上高は前年同期比37%増の 35億3000万ドルとなったが、アナリスト予想平均(36億3000万ド ル)は下回った

ジム・バルシリー共同最高経営責任者(CEO)はアナリストと の電話会議で、9-11月期の平均販売価格が約320ドルになると予 測した。ブライアン・ビダルカ最高会計責任者によると、前期は約 345ドルだった。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、マイク・アブラム スキー氏によれば、前期のRIMの出荷数は830万台で、新規加入 者は380万人の純増。今期は870万台、410万人の純増の見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE