NY外為(午前):円上昇、1時90円突破-日本が市場介入に反対姿勢

25日朝のニューヨーク外国為 替市場で、円の対ドル相場が一時、2月以来で初めて1ドル=90円 を突破した。藤井裕久財務相が24日、米ピッツバーグで記者団の質 問に答え、市場介入に反対する姿勢をあらためて示したことが材料視 された。

円はブルームバーグがモニターする主要16通貨すべてに対して 上昇した。一方、英ポンドは6月以来で初めて1ポンド=1.60ドル を割り込んだ。

円は一時、前日比1.4%高の1ドル=89円97銭まで上げた。 同水準は2月12日以来の円高・ドル安。ニューヨーク時間午前7時 14分(日本時間午後8時14分)現在は90円10銭で取引されてい る。前日は91円27銭だった。

対ユーロでは1ユーロ=132円57銭と、前日の133円86銭か ら強含み。ドルはユーロに対し1ユーロ=1.4687ドルと、前日の

1.4666ドルを下回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE