OPEC月間石油輸出0.7%増、10月10日まで-オイル・ムーブメンツ

石油コンサルタント会社オイル・ ムーブメンツによると、10月10日までの4週間の石油輸出国機構(O PEC)の原油輸出は、アジア諸国の需要回復を受け、その前の4週 間と比べて0.7%増加すると予想される。

オイル・ムーブメンツが24日に電子メールで配布したリポート によると、10月10日までの4週間のOPECの原油輸出は日量2249 万バレルと、9月12日までの4週間の同2233万バレルを上回る見 込み。

OPECは9月9日にウィーンで開いた総会で、生産目標を日量 2484万5000バレルに据え置くことで合意した。生産目標の順守率は 約65%。公式統計によれば、アジア最大の顧客である中国の原油純輸 入は8月に1792万トンと、18%増加した。

オイル・ムーブメンツの創業者、ロイ・メーソン氏はハリファッ クスからの電話インタビューで、「アジアの需要回復にかかっている」 と指摘。「アジア諸国では製油所の保守作業期間が終わりつつあり、季 節的な動きでもある」と語った。

10月10日時点で海上運搬中の原油は合計4億2620万バレルと、 今月12日時点の4億4150万バレルから3.5%減少すると予想され ている。中東からの原油輸出は0.7%増の日量1618万バレルになる 見通し。

オイル・ムーブメンツは、船舶ブローカーからのタンカー用船状 況リポートなどを基に原油出荷を算出している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE