NY外為:ドル上昇、米住宅販売減-高利通貨の需要後退

ニューヨーク外国為替市場では ドルがほとんどの主要通貨に対して上昇。8月の米中古住宅販売件数 が予想外に減少したことを受け、高利回り通貨への需要が減退、ドル は対ユーロで朝方の下落から反発した。

カナダ・ドルは対米ドルで2カ月ぶりの大幅安。カナダ最大の輸 出品目である原油が1カ月ぶり安値に下落したことが売り材料。英ポ ンドは対ユーロで4月以来となる1ユーロ=91ペンス台まで下げた。 イングランド銀行(英中央銀行)のキング総裁が、英経済のバランス を取り戻す過程でポンド安は「非常に有益」と発言したとの英紙報道 が背景。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの為替グループのマネジン グディレクター、サマルジット・シャンカー氏(ボストン在勤)は、 「悪材料がリスク回避につながり、ドルを支援する構図に変化はな い」と指摘。「この日の住宅指標は外為市場にとってマイナスの衝撃 となった」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時1分現在、ドルは対ユーロで0.5% 高の1ユーロ=1.4656ドル(前日は同1.4735ドル)。ドルは対円 でほぼ変わらずの1ドル=91円21銭(前日は同91円29銭)。円 は対ユーロで0.6%高の1ユーロ=133円67銭(前日は同134円 52銭)。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンのシャンカー氏は、ドルは なお対ユーロで年末までに1ユーロ=1.50ドルまで値下がりすると の見通しを示した。利回りの高い通貨へ資金が流れるためと説明した。

ドイツのメルケル首相はベルリンで記者団に対し、米ピッツバー グでこの日開幕する20カ国・地域(G20)首脳会談では為替レート について協議すると語った。

ワコビアのシニア為替トレーダー、アラン・カッバーニ氏(ノー スカロライナ州シャーロット在勤)は「G20首脳会合を控え、相場 は若干、不安定になりそうだ」と述べた。

カナダ・ドル

カナダ・ドルは対米ドルで一時1.9%値下がりした。これは日中 取引では6月12日以来の大幅安。原油先物11月限が一時、前日比

4.9%下落の1バレル=65.60ドルを付けたことを嫌気した。カナ ダ・ドルは過去3カ月に6.4%上昇したものの、ほかの資源国通貨に 比べ上げは限定的。ニュージーランド・ドルは同期間に12%値上がり した。

英ポンドは対ユーロで一時1.5%下げ、1ユーロ=91.57ペンス と、4月3日以来の安値。英紙ニューカッスル・ジャーナルが報じた キング総裁の発言が材料視された。ポンドは対米ドルでは一時2%下 げ、1ポンド=1.6023ドルと7月8日以来の安値となった。

ルッツ・カーポウィッツ氏らコメルツ銀行のアナリストは24日 付調査リポートで、「自国の中央銀行が下落を好むような通貨は、明 らかに魅力的な投資先とはいえない」と指摘。ポンドは対ユーロで年 末までに1ユーロ=94ペンスまで値下がりすると予想した。

ドルもみ合い

ドルは朝方、対ユーロで1ユーロ=1.4802ドルまで下落し、1 年ぶり安値に接近した。米労働省が発表した新規失業保険申請件数が 前週から減少したことがドル売り材料になった。その後、全米不動産 業者協会(NAR)の発表で、8月の中古住宅販売件数が前月比

2.7%減の510万戸になったと示されると、ドルは買い戻され、下げ 幅を縮めた。

INGファイナンシャル・サービシズの為替トレーディングディ レクター、レーン・ニューマン氏(ニューヨーク在勤)は「ドルは本 当に荒い値動きとなっている」と述べた。

FRBはこの日、商業銀行向けのターム・オークション・ファシ リティー(TAF)と債券ディーラー向けのターム物証券貸与ファ シリティー(TSLF)の2つの緊急融資プログラムを縮小すると 発表。金融市場の一段の環境改善をその理由に挙げた。

FRBは来月、ターム・オークション・ファシリティー(TA F)に基づき商業銀行向けに70日物資金を500億ドル供給する。9 月には期間84日の資金750億ドルを供給していた。債券ディーラー 向けのターム物証券貸与ファシリティー(TSLF)は来月に500億 ドル規模と、750億ドルから縮小させ、さらに250億ドルまで縮小さ せる。

原題:Dollar Rises as Home Resales Fall, Reducing

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE