IMFのアトキンソン氏:各国は失業増加に備え、刺激策の継続を

国際通貨基金(IMF)の渉外担 当ディレクター、キャロライン・アトキンソン氏は24日、世界各国は 失業の増加に対応するため、現在講じている景気刺激策を必要な限り 継続すべきだと主張した。

アトキンソン氏はワシントンで会見し、「失業率が引き続き上昇 するリスクがある」と指摘。その上で、失業の増加に対する最善策は 「景気刺激策を妥当な限り継続することだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE