米財務次官補:出口戦略、すでに一部実行に着手-時期などはまちまち

米国政府は市場の安定化に伴い、 7000億ドル規模の金融安定化策の縮小に着手している。問題資産購入 計画(TARP)を監督するアリソン米財務次官補が24日、上院銀行 委員会で証言した。

アリソン次官補は、すべての政府支援策を終了するには景気はま だ不安定だが、金融機関や自動車メーカー、信用市場に対する支援プ ログラムは徐々に縮小しつつあると述べた。

同次官補は、「金融をめぐる状況が改善し始めたため、財務省は すでに一部の緊急支援プログラム解除へ手続きを始めた。しかしどの ように解除するのか、あるいはその時期はプログラムによって異な る」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE