英首相:米英関係は「強固」-米大統領の会談辞退で浮上の悪化説否定

ブラウン英首相は24日、米英 関係は盤石だと表明し、両国関係が悪化しているとの観測を否定した。 オバマ米大統領が国連総会が開かれているニューヨークでの米英首脳 会談を辞退したことから、関係悪化説が浮上していた。

ブラウン首相はニューヨークで放送局の記者団に対し、「米英の 特別な関係はかつてないほど強固だ」と強調。その上で「オバマ大統 領とは国連の会合で話をした。われわれは2つの会合で共同議長を務 めている。米英の特別な関係は強固であり、さらに強まっている。両 国は共通の目的をもっているためだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE