グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続落。商品安を受けて資源株が下げを主導した。 上場初日の中国冶金科工集団(1618 HK)は新規株式公開(IP O)価格を下回って終了した。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は 原油安が響いて3%下げた。銅生産で中国最大手の江西銅業(358 HK)も、銅相場の下落を受けて3.6%安。北京の五輪スタジアムの 建設に参加した建設会社、中国冶金科工集団はIPO価格比12%安 で初日の取引を終えた。

ハンセン指数は前日比544.79ポイント(2.5%)安の

21050.73と、下げは8月17日以来で最大だった。ハンセン中国企 業株(H株)は前日比3.1%安の12047.25。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が上昇。ここ最近の株価下落 は収益見通しに対して行き過ぎとの観測から銀行株が値上がりした。 一方、運賃値下がりを受けて海運関連銘柄が値下がりした。

興業銀行(601166 CH)は5.5%上昇し、年初来高値からの下 落率は21%に縮小した。一方、中国で貨物取扱高が最大の港湾を運 営する上海国際港務集団(600018 CH)は、商品運搬コストの指標 となるバルチック・ドライ指数が9営業日連続で下落したことが響い て3.1%の値下がり。中海発展(チャイナ・シッピング・デベロップ メント、600026 CH)は1.2%安となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比10.83ポイント(0.4%)高の

2853.55で終了。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI 300指数は同0.7%高の3080.93。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントのスト ラテジスト、チャン・シウチ氏(上海在勤)は、「10-12月(第4 四半期)の景気の回復状態や企業収益の伸びに関して投資家の見方は 割れている」と述べた上で、相場は「より多くの経済指標が改善を示 すまで、現行水準で推移するだろう」と予想した。

【インド株式市況】

インド株式市場では、センセックス30種株価指数が上昇。軟調 に推移していたものの、ムカジー財務相が政策金利の低水準維持を示 唆したと報じられたことを背景に銀行株が上昇し、値を戻して終了し た。

インド3位の銀行、HDFC銀行は3.5%高。インド紙ヒンズ ー・ビジネス・ラインによれば、ムカジー財務相は世界経済回復の十 分な兆候が示されるまで、インドは低金利政策を継続する公算だと発 言した。住宅金融で国内最大手のハウジング・デベロップメント・フ ァイナンス(HDFC)は3.6%上げた。

国内3位のソフトウエアサービス企業、ウィプロは2.5%上昇し、 約2年半ぶりの高値。米アクアリオン・ウォーターから期間3年の契 約を獲得したとの発表が買いにつながった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比61.93ポイン ト(0.4%)高の16781.43で終了。一時は1.3%安となる場面も あった。年初来では74%上げている。

HDFC銀(HDFCB IN)の終値は1623.80ルピー、HDFC (HDFC IN)は2747.65ルピー。ウィプロ(WPRO IN)は580.80 ルピーと、2007年4月18日以来の高値で引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比32.9ポイント(0.7%)安の4701.2。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比17.59ポイント(1%)安の

1693.88。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比52.54ポイント(0.7%)安の7324.22。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比18.51ポイント(0.7%)安の2667.43。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比1.01ポイン ト(0.1%)安の1218.06。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比1.98ポイント(0.3%)安の728.54。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前営業日比11.92ポイント(0.5%)高 の2468.90。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比5.17ポイント(0.2%)安の

2837.34。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE