インド株(終了):上昇、財務相の金利発言を好感-HDFC銀が高い

インド株式市場では、センセッ クス30種株価指数が上昇。軟調に推移していたものの、ムカジー財 務相が政策金利の低水準維持を示唆したと報じられたことを背景に銀 行株が上昇し、値を戻して終了した。

インド3位の銀行、HDFC銀行は3.5%高。インド紙ヒンズ ー・ビジネス・ラインによれば、ムカジー財務相は世界経済回復の十 分な兆候が示されるまで、インドは低金利政策を継続する公算だと発 言した。住宅金融で国内最大手のハウジング・デベロップメント・フ ァイナンス(HDFC)は3.6%上げた。

国内3位のソフトウエアサービス企業、ウィプロは2.5%上昇し、 約2年半ぶりの高値。米アクアリオン・ウォーターから期間3年の契 約を獲得したとの発表が買いにつながった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比61.93ポイン ト(0.4%)高の16781.43で終了。一時は1.3%安となる場面も あった。年初来では74%上げている。

HDFC銀(HDFCB IN)の終値は1623.80ルピー、HDFC (HDFC IN)は2747.65ルピー。ウィプロ(WPRO IN)は580.80 ルピーと、2007年4月18日以来の高値で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE