曙ブレーキ:ボッシュの北米ブレーキ事業の買収で合意(Update1)

独立系のブレーキメーカー、曙ブ レーキは24日、ドイツの自動車部品メーカー、ロバート・ ボッシュ と北米でのブレーキ事業の買収について基本合意し、契約を結んだと 発表した。買収金額は1000万ドル。11-12月末に買収を完了する予 定。

ボッシュは、現在持っている5つの生産拠点を2拠点に集約した うえで同2拠点を曙ブレーキに売却する。対象となる事業の09年12 月期の売上高予測は5億8000万ドル。曙は買収資金を手元資金で賄う。

ボッシュと曙は、北米での生産拠点が昨年8月時点で両社合わせ て8拠点持っていたが、今回の譲渡などで4拠点に集約されることに なる。信元久隆社長は同日の会見で「北米での過剰生産解消とともに、 1拠点当たりの稼働率を上げることで、固定費の大幅な削減につなが る」と話した。

ボッシュは北米地域でゼネラル・モーターズ(GM)やフォー ド・モーターなどを主要顧客としている。曙ブレーキは8月28日、ボ ッシュの北米ファウンデーションブレーキ事業買収の可能性について、 ボッシュと協議することで合意したと発表していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE