前原国交相:日航の経営改善案は実効性で満足いくものでない

前原誠司国土交通相は24日夕、国交 省で記者団に対し、日本航空の西松遥社長が同日示した経営改善案につ いて、実効性で満足のいくものでないと指摘した。また、銀行団も納得 していないと述べた。ただ、改善案の再提出を求めていないとも語っ た。鳩山由紀夫首相が帰国後、すぐ相談し、判断を一任する考えを示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE