野村:提携や合弁模索も、商品事業拡大目指し-欧州では人員も強化

野村ホールディングスは、商品関 連の事業拡大に向け、提携や合弁を模索する可能性がある。

野村の欧州・中東・アフリカ(EMEA)部門の商品責任者、ジ ェーソン・チューダー氏(40)が22日のインタビューで語った。「商 品市場で当社の活動の規模・範囲の拡大につながる戦略的な提携や合 弁事業の可能性があれば、非常に魅力的な機会だと考える」と同氏は 述べた。

同氏はまた、米国での拡大も望んでいると語った。野村は破たん した米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのアジアと欧州事業 を買収し、商品関連の人員も獲得した。

また同氏によると、商品を含む野村の固定金利部門はEMEAで 4月以来、「フロントオフィス」の人員数を20%以上増やした。「来年 はさらに商品チームを拡大する方針だ」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE