ユーロ圏の短期金融市場環境、「相当数」の銀行が悪化を認識-ECB

欧州中央銀行(ECB)が24日発 表した2009年短期金融市場調査によると、一部の銀行は同市場の安定 化を感じているものの、「相当数」の銀行が引き続き一段の悪化を認識 している。

ECBはリポートで、「無担保融資の分野を除いてほとんどの分野 で大半の銀行が、2008年4-6月(第2四半期)の前例のない悪化後 の幾分の安定化または市場の流動性状況の改善を報告した。しかしな がら、相当数の回答者が09年第2四半期にも引き続き、ユーロ短期金 融市場のすべての分野で一段の環境悪化を報告した」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE