野村HD:公募増資で最大5113億円調達、今年2回目(Update1)

野村ホールディングス(HD)は 24日、国内外で最大8億株の新株式(普通株)を発行し、最大約5113 億円を調達すると発表した。これにより株式は約22%希薄化すること になる。同社は今年3月に20年ぶりに公募増資で約2700億円を調達し たばかり。調達資金はアジア、欧米地域の連結子会社への出資と貸し付 けに充てる。

野村HDが24日、関東財務局に提出した臨時報告書によると、新 株は国内一般募集で3億6600万株、海外で4億株を発行する。このほ か需要に応じて3400万株を追加募集する。調達金額は5113億円(手取 概算額)が上限。新株の発行価格の決定は10月5日から7日、払い込 み期日は同月13日から15日のいずれかとする。

東海東京調査センターの摩嶋竜生アナリストは、今回の資金調達に ついて「G20(20カ国・地域首脳会議)で自己資本強化の議論が出た ばかりで、国内証券による2巡目の増資が憶測されるなか、先手を打っ てきた印象」とみている。調達額については「中核自己資本のうち、普 通株や剰余金などに限定したコアTIER1を15%として逆算しての 増資額だろう」と述べ、国際的なライバルに並ぶ水準と指摘した。

野村HDは3月の公募増資2700億円のほか、昨年12月にも劣後債 と劣後型転換社債(CB)で総額4100億円を資金調達している。

--取材協力:沖本健四郎、日向貴彦、宮沢祐介 Editor:Tetsuki Murotani

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 伊藤 小巻 Komaki Ito +813-3201-8871 kito@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Andreea Papuc +852-2977-6641 apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE