9月の独Ifo景況感指数:91.3に上昇-1年ぶり高水準

ドイツのIfo経済研究所が24 日発表した9月の独企業景況感指数は91.3と、前月の90.5から上昇 し、1年ぶりの高水準となった。欧州最大規模のドイツ経済がリセッ ション(景気後退)を脱し、今後勢いを増す兆候が示された。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト40人の予想中 央値では、9月は92.0への改善が見込まれていた。今年3月には82.2 と、26年ぶりの低水準を記録していた。

ヘラバ・インベストメントのエコノミスト、シュテファン・ミュ ーツェ氏は「経済に前向きの勢いが増している。在庫積み増しが再び 始まっており、投資や輸出の改善とともに7-9月(第3四半期)と 10-12月(第4四半期)の状況を前進させるだろう」と語った。

Ifoの9月の現状指数は87.0と、前月の86.2から上昇。期待 指数も95.7と、同95.0から改善された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE