G20金融サミットで資源国通貨にリスクも-RBCのトリン氏

RBCキャピタル・マーケッツは 24日付のリポートで、同日開幕する20カ国・地域(G20)首脳会議 (金融サミット)が資源国通貨の一段高に対しリスクをもたらすとの 見方を明らかにした。

シドニー在勤のシニア通貨ストラテジスト、スー・トリン氏はリ ポートで、「商品、特に原油に関する金融市場の投機的な動きへの対処 で、当局の姿勢の厳格化にも注意が必要だ」と指摘。「投機的なポジシ ョンに関する制限の設定をめぐる一段の協議は、現在の商品価格の上 昇軌道に歯止めをかけ、オーストラリア・ドルやカナダ・ドルなど資 源国通貨に弱気の影響を与えかねない」と分析した。

また、ユーロについて、G20開幕に伴って軟化する公算があると 指摘。トリン氏は「フランスがユーロ高を懸念しているとの23日の報 道を受けて、ユーロは金融サミットにかけて軟調となる可能性がある」 との見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE