JEITA:8月の民生電機出荷額、11カ月ぶり前年比増加-TV好調

電機の業界団体である電子情報技術 産業協会(JEITA)が24日発表した8月の民生用電子機器の国内 出荷額は、前年同月比11.2%増の2202億円と、11カ月ぶりに前年実績 を上回った。省エネ家電を対象とする「エコポイント」効果で薄型テレ ビなどの伸びが加速した。

内訳を見ると、映像機器は同18.2%増の1654億円と、3カ月連続 のプラス。前年比の2けた増は昨年7月以来。30-36型の薄型テレビ 出荷台数が35万8000台と同64.9%増えたことなどが寄与した。

一方で音声機器の出荷額は13カ月連続のマイナス、自動車向けの 音響・映像・通信機器も11カ月連続で前年割れとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE