中国のCIC:資源関連投資を加速-ブミなどに27.5億ドル投資

中国の政府系ファンド(SWF)、 中国投資(CIC)は資源関連資産への投資を加速させており、過去 2日間で計27億5000万ドル(約2500億円)を投じることで合意した。

インドネシアの石炭会社ブミ・リソーシズは23日遅くに発表した 資料で、CICが19億ドル相当の社債を購入したことを明らかにした。 CICは22日には、香港を拠点とする商品取引会社ノーブル・グルー プの株式15%を8億5000万ドルで取得していた。

中国に関する著作を持つフレーザー・ハウイー氏はシンガポール から電話取材に応じ、「中国は比較的資源が不足しており、CICが海 外で資源を購入する長期戦略を持っていることは秘密ではない」と指 摘。「CICは、先に行った金融投資で国内の批判を受けた後、自信を つけつつあるようだ」と述べた。

CICは米投資会社ブラックストーン・グループや米証券大手モ ルガン・スタンレーへの投資に失敗した後、成長加速に必要な資源の 入手を可能にするため、商品関連企業への投資を増やしている。アジ ア開発銀行は今週、中国の今年の成長率見通しを8.2%と、3月時点 の7%から上方修正した。同国は大豆や綿、鉄鉱石などの資源の世界 最大の輸入国。

北京在勤のCICの広報担当者は24日、ブミへの投資について認 めたものの、それ以上のコメントは控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE