8月の米中古住宅販売:2年ぶり高水準か、住宅値下がりで-BN調査

8月の米中古住宅販売件数は増加 し、2年ぶり高水準となったもようだ。世界的なリセッション(景気 後退)を招いた住宅危機が和らいでいる兆候があらためて示されると、 エコノミストらはみている。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関74社を対象に実施 した調査によれば、24日発表される8月の中古住宅販売件数は年率換 算で前月比2.1%増の535万戸(予想中央値)とみられている。前月 比プラスは5カ月連続で、2004年以来最長の増加局面となりそうだ。

初めて住宅を購入する人を対象とした税還付や、差し押さえを背 景とする住宅値下がりによって、住宅市場は大恐慌以来の不振から脱 却しつつある。米連邦公開市場委員会(FOMC)は22-23日の会 合で、景気回復の維持に向けてフェデラルファンド(FF)金利誘導 目標を据え置くことを決定した。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、ミシェル・マイヤー 氏(ニューヨーク在勤)は、「住宅市場は回復途上だ」と指摘。「初め ての住宅購入者に対する税還付が住宅販売を押し上げた公算が大きい 一方で、値ごろ感と信頼感の高まりから、住宅購入に根本的な変化が みられる」と語った。

全米不動産業者協会(NAR)は午前10時(ワシントン時間、 以下同じ)に中古住宅販売件数を発表する。ブルームバーグ調査での 予想レンジは510万-555万戸。7月は年率換算で524万戸だった。 中古住宅販売は今年1月、比較可能な統計の集計が開始された1999 年以後で最低水準の年率449万戸を記録した。

米労働省が午前8時半に発表する19日終了週の新規失業保険申 請件数は55万件(44社の予想中央値)と、前週の54万5000件か ら増加したもよう。

-- With assistance from Rich Miller in Washington and Betty Liu in New York. Editors: Carlos Torres, Jeremy Torobin

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz +1-202-624-1862 or cwelllisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE