アジア株:上昇、株価上昇は持続可能との観測で-Fリテイリ高い

24日午前のアジア株式相場 は上昇。東芝とファーストリテイリングの投資判断が引き上げら れたことを受け、今年3月以降の株価上昇は持続可能との見方が 広がった。

国内最大の半導体メーカー、東芝は高い。クレディ・スイス 証券が株価見通しを2倍強に引き上げたことを材料に買われた。 ファーストリテイリングも、ゴールドマン・サックス証券が投資 判断を「買い」に引き上げたことが好感されて上昇した。24日 から香港市場で取引が開始される建設やエンジニアリングを手掛 ける中国中冶も上昇が見込まれる。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時24分現 在、前週末比0.7%高の119.60。景気刺激策によって世界各国 はリセッションを脱却したとの観測から、同指数は過去半年間で 42%上昇している。

-- With assistance from Masaki Kondo in Tokyo. Editors: Darren Boey, Nick Gentle

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE