中国証監会:インサイダー取引の疑いで4件を調査-上海証券報

中国紙、上海証券報は24日、中 国証券監督管理委員会(証監会)がインサイダー取引の疑いをめぐり 泰安魯潤など中国企業3社を含む4件を調査していると報じた。証監 会からの情報を基に伝えた。

同紙によれば、証監会は3社が内部情報を利用して華芳紡織や上 海宏盛科技発展などの株取引を行なったとしている。また、華夏建通 科技開発の元会長は自社の利益を水増ししたほか、規則で義務付けら れている関係者間の取引を開示しなかった疑いが持たれている。

同紙は4件が警察当局の管理下に移り、関係者は身柄を拘束され ていると伝えたものの、詳細には触れなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE