ホンダ社長:CO2削減目標は合意形成が必要-努力はする

国内2位の自動車メーカー、ホン ダの伊東孝紳社長は24日、都内で会見し、鳩山由紀夫首相の掲げる二 酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減目標について「CO2とい うのは大きな課題であり、われわれとしてはチャレンジし、一生懸命努 力したい」としながらも、「その具体的数値については、まだまだ合意 形成が必要な段階ではないか」との考えを示した。

鳩山首相は22日、米ニューヨークで開かれた国連気候変動首脳会 合で、温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減するとの中 期目標を表明した。

ホンダが同日、技術発表した電動一輪車「U3-X」について伊 東社長は、「一番最小単位の人の移動手段になるのではないかという発 想でできているもの」とした上で、「市販の予定はまったくなく、とに かくこんなものを作ってみた」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE