FOMC:市場関係者のコメント-キャピタルEのアシュワース氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は22、23の両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、住宅ロ ーン担保証券(MBS)と住宅関連機関債の購入ペースを緩め、当初 は年末に終了する予定だった購入プログラムを3カ月延長して2010 年1-3月(第1四半期)末までとする方針を決定した。

FOMCはフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0%-

0.25%の範囲に据え置くことも決めた。FRBは1兆2500億ドルの政 府機関発行のMBS購入枠のうち、これまでに約8620億ドルを買い取 っている。購入予定額2000億ドルの機関債の現在までの購入総額は 1292億ドル。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎キャピタル・エコノミクスの米国担当シニアエコノミスト、ポール・ アッシュワース氏:

「すぐに量的緩和策解除を検討する考えはおくびにも出さなかっ た」

「今回の発表は完全に驚きというわけではない。先週までの時点 で、FRBによる購入額は、MBSの購入枠の約半分と機関債の購入 枠の約3分の2にとどまっていた。あと3カ月余りで同じ額を購入す るのは難しいだろう。経済情勢が改善し30年物固定金利住宅ローンが 先週5%を割り込んでいるため、FRBは時間を稼ぐ余裕がある」

「購入プログラムの延長により、量的緩和策を終了させる際の市 場の混乱を最低限にとどめることもできる。失業率は依然として上昇 傾向にあり、資源のたるみが相当あって物価に下押し圧力がかかって いるため、FRBが引き締め策を遅らせる理由は多い」

「市場の来年の金利予想は最近、後退している。きょうのFOM Cの声明を受けてさらに低下すると考えられる」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE