NY連銀、24日から住宅関連証券の購入ペース鈍化-FOMC決定受け

米ニューヨーク連銀は23日、 連邦公開市場委員会(FOMC)でのこの日の決定を踏まえ、24日 に始まる週から住宅ローン担保証券(MBS)と住宅関連機関債の購 入ペースを鈍化させる方針を明らかにした。

ニューヨーク連銀が同連銀のウェブサイトに掲載した資料による と、住宅関連機関債の購入頻度は当面、週1回程度のままだが、 2010年1-3月(第1四半期)のある時点で約2週間ごとに減らす。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE