FOMC:市場関係者のコメント-元FRB幹部のラインハート氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は22、23の両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、住宅ロ ーン担保証券(MBS)と住宅関連機関債の購入ペースを緩め、当初 は年末に終了する予定だった購入プログラムを3カ月延長して2010 年1-3月(第1四半期)末までとする方針を決定した。

FOMCはフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0%-

0.25%の範囲に据え置くことも決めた。FRBは1兆2500億ドルの政 府機関発行のMBS購入枠のうち、これまでに約8620億ドルを買い取 っている。購入予定額2000億ドルの機関債の現在までの購入総額は 1292億ドル。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ビンセント・ラインハート元FRB金融政策局長:

○景気認識の改善について:

「できる限り表現の変更を少なくした」

「妥協の声明だ」

○MBSの購入ペースを緩めることについて:

「MBS購入に関しては、2つの面で安心感を高めるものだ。一 つは、終了日を3カ月延期することで、1カ月当たりの購入額を1500 億ドルではなく1000億ドル程度にすることができる。徐々に減らして いけば、ニューヨーク連銀のダドリー総裁が「絶壁」効果と呼ぶ、特 定の証券購入の突然の終了で発生しかねない価格急落を避けることに なる」

「2つ目は、ブラインダー氏が指摘したように、今回はタカ派と ハト派でより多くの議論が交わされた会合だったことだ。タカ派が同 意できたのは、延期することで来年初めにもプログラムを予定より早 く終了できるよう論争していく時間が数カ月増えたためだ」

「だからこれは妥協の声明だ。しかし、それはよくあることだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE