FOMC:市場関係者のコメント-BNPのプラカシュ氏

BNPパリバ・セキュリティー ズの金利ストラテジスト、サブラト・プラカシュ氏は23日、住宅ロ ーン担保証券(MBS)と米国債について次のように語った。同社は プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)18社のうちの 1社。

プラカシュ氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)が22、23の 両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)の声明で、MBSと住 宅関連機関債の購入ペースを緩める方針を明らかにしたのを受けてコ メントした。

◎MBSについて:

「MBS市場の足元の懸念材料は、買い意欲が非常に乏しいこ とだ。短期的に見て、FRB以外の買い手が見当たらない。将来のあ る時点で、FRBによる人為的な需要でなく真の需要が必要になる」

「FRBが『購入ペースを徐々に緩める』方針を示したのを受 けてMBSのスプレッドが拡大している。ただそれも全般的に見れば、 MBS市場にとってプラスだと思う」

◎米国債について:

「米国債相場が上昇しているのは、FOMC声明が今回新たに 『長期的なインフレ期待が安定』していることに言及したためだ。F RBはこれまでよりかなり強い調子で『インフレは低水準にとどま る』との認識を示したことになる。FRBは、金利の大幅な上昇につ ながりかねないインフレに対して債券市場が不安を抱くことを望んで いない」

-- Editor: Dave Liedtka

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Ruby Madren-Britton in New York at +1-212-617-2300 or rmadrenbritt@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE