FOMC:市場関係者のコメント-モルガンSのフラナガン氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は22、23の両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、住宅ロ ーン担保証券(MBS)と住宅関連機関債の購入ペースを緩め、当初 は年末に終了する予定だった購入プログラムを3カ月延長して2010 年1-3月(第1四半期)末までとする方針を決定した。

FOMCはフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0%-

0.25%の範囲に据え置くことも決めた。FRBは1兆2500億ドルの政 府機関発行のMBS購入枠のうち、これまでに約8620億ドルを買い取 っている。購入予定額2000億ドルの機関債の現在までの購入総額は 1292億ドル。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎モルガン・スタンレー・スミス・バーニーの債券ストラテジスト、 ケビン・フラナガン氏:

「FRBの住宅ローン関連資産の買い取りへの対応は、米国債買 い取りでの対応と同じだ。当局はこれを極めて慎重に進める方針だ。 これまで達成したことを台無しにしたくない考えだ。購入ペースを緩 めていけば、値上がりを維持しながら市場の混乱要因になることはな いと考えている」

「購入枠は変わらないだろう。FRBはここにきて公式に出口戦 略に取り組み始めた。今後進む次の段階は、リバースレポの話であり、 これは当局者が今後発言することになるだろう」

「これは出口戦略ではないし、まだ金融を引き締めてはいない。 買い取りを継続するという事実は、まだ金融緩和状態にあることを意 味している」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE