米財務省当局者:借り入れ「高水準」にとどまる-国債需要は継続

米財務省の国債管理担当、ラマ ナサン次官補代行は23日、同国による借り入れの必要性は財政赤字 拡大に伴い今後も「高い水準に」とどまるとの見通しを示した。一方、 投資家の需要を削ぐことはないと表明した。

ラマナサン次官補代行はニューヨークで講演し、「今後中期的に は、財務省による借り入れニーズの可能性、こうした見通しを取り巻 く不確実性は引き続き高い」と述べた。その上で、貯蓄率が上昇する なか、家計は投資先として米国債に資金を振り向けると指摘。比較的 質の高い投資対象が少ないことをその理由に挙げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE