ECBウェーバー氏:インフレ対策で目先、行動する必要ない-独紙

欧州中央銀行(ECB)の金融 政策委員会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は、独紙ターゲスシュピ ーゲルのインタビューに応じ、ECBがインフレ対策として、目先金 融政策で対応する「必要性は見いだせない」との見解を示した。

同紙によると、ウェーバー氏は、今後1、2カ月でインフレ率が 上昇した場合でも、「脆弱(ぜいじゃく)な経済と需要低迷のため、 物価が著しく上昇する余地はない」と語った。同インタビューは24 日付の紙面に掲載される。

ウェーバー氏はまた、「われわれの予想に一致して景気が緩やか に回復し、それに伴い物価上昇圧力が高まった場合、金融政策の引き 締めはわれわれの議題となるだろう」と発言し、「積極的かつ断固と した姿勢でインフレリスクに取り組む必要がある」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Christian Vits at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE