インド株(23日):センセックス指数、反落-ジャイプラカシュ安い

インド株式相場は反落。センセッ クス30種株価指数が6営業日ぶりに下落した。建設大手のジャイプラ カシュ・アソシエーツと、風力タービンメーカーのスズロン・エナジ ーが合わせて3億9100万ドル相当の株式を売却したことを受け、両 銘柄を中心に売りが膨らんだ。

株式売却で119億ルピーを調達したジャイプラカシュは約1カ月 ぶりの大幅安。スズロンは8月10日以降で最大の値下がり。同社は 67億8000万ルピー相当の株式を売却した。

携帯電話サービスで国内最大のブハルティ・エアテルは3.5%安。 南アフリカのMTNグループとの統合計画が規制の壁に直面する恐れ があるとの印紙エコノミック・タイムズ紙の報道が手掛かりとなった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比166.93ポイン ト(1%)安の16719.50で終了した。

ジャイプラカシュ(JPA IN)は6.2%安の234.30ルピー、スズ ロン(SUEL IN)も6.2%下げ94.60ルピーとなった。ブハルティ (BHARTI IN)の終値は413.50ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE