中国株(23日):上海総合指数は3週間ぶり安値-唐山鋼鉄が下落

23日の中国株式市場では、上 海総合指数が続落し、3週間ぶりの安値で取引を終えた。鉄鋼製品の 価格下落などから、同国の景気回復が頓挫することへの懸念が高まっ た。

個別銘柄では、製鉄大手の唐山鋼鉄(000709 CH)が3.9%安。 同社の親会社は、ビル建築向けの鉄筋の価格を2カ月連続で引き下げ た。海運運賃の指標であるバルチック・ドライ指数が下落するなか、 時価総額でアジア最大の海運会社中国遠洋運輸集団(コスコ・ホール ディングス、601919 CH)は3%安。中国の石油最大手、ペトロチ ャイナ(中国石油、601857 CH)は、原油相場下落を受け1.7%下 げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動し ている上海総合指数の終値は前日比54.83ポイント(1.9%)安の

2842.72と、9月2日以来の低水準。前日は2.3%下げていた。上 海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は70.96ポイン ト(2.3%)安の3060.07で引けた。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE