中国中銀総裁:人民元相場の安定が最重要目標-金融政策で

中国人民銀行(中央銀行)の周小 川総裁は、外国為替相場の安定が中国の金融政策の最重要目標だと表明 した。

同総裁はまた、中国は緩和的な金融政策姿勢を維持する必要がある との見解を示した。さまざまな政策手段を柔軟に駆使してインフレを制 御し、人民元相場を安定的に保つことが必要だと語った。国営ラジオが 23日、同総裁とのインタビューの内容をウェブサイトに掲載した。

同総裁は、金融政策は自国の景気動向と雇用、為替相場安定、国際 収支などを注視しながら常に調整していかなければならないと語った。 さらに、中国は発展途上国が通常望ましいとする2%を超えるインフレ 率も容認できるとの認識も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE