ウェルズ・ファーゴ:コバセビッチ会長が年末に退任-CEOが兼務へ

米銀ウェルズ・ファーゴのリチャ ード・コバセビッチ会長(65)は年末に退任する。同会長は規定の定 年を過ぎても現職にとどまり、ワコビアとの経営統合を見守ってき た。

ウェルズ・ファーゴが22日発表したところによると、ジョン・ス タンプ最高経営責任者(CEO、56)が来年1月1日から会長職を兼 務する。同社は昨年11月、会長職の定年規定を見直し、コバセビッチ 会長がワコビア買収以後も同職を続けられるよう取り計らっていた。

ポーテールズ・パートナーズ(ニューヨーク)のアナリスト、ジ ェニファー・トンプソン氏は「銀行セクターについては危機モードから 脱却している。従って、タイミングとしては理屈に合っていると思う」 と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE