岡田外相:ウラン濃縮継続を批判、イラン外相とNY市内で会談-日経

日経テレコンは23日、岡田克也 外相が22日午後(日本時間23日早朝)ニューヨーク市内でイランの モッタキ外相と会談し、イランの核開発問題について「国際社会の疑念 をはらすべきだ」と述べ、ウラン濃縮を継続するイランの姿勢を批判し たと報じた。これに対してモッタキ外相は「大量破壊兵器は宗教上、禁 じられており、核兵器を持つ意図はない」と反論したという。

報道によると、岡田外相が「米国と率直に話したらどうか」と対 話を促すと、モッタキ外相は「核の平和利用について話すつもりはな い。オバマ大統領は『チェンジ』を掲げているが、言葉だけではなく、 行動で示してほしい」と米国の出方をうかがう考えを伝えたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE