日米外相:同盟重視を確認、再編問題など協議、NYで初会談-共同

共同通信は22日、岡田克也外相 とクリントン米国務長官が21日夕(日本時間22日朝)、ニューヨー クで初めて会談し、同盟関係を重視し、緊密に連携していく方針を確認 したと報じた。

報道によると、岡田氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県 内移設計画を含む在日米軍再編見直しについて「民主党として必ずしも 賛成していなかった部分がある」と述べ、交渉入りの意向を伝達。クリ ントン氏は日米合意に基づく現行計画の履行が基本としながらも、日米 同盟全体に関連して協議を継続する考えを示した。

このほか、クリントン氏は会談前、2010年1月に期限切れとなる インド洋での海上自衛隊給油活動の撤収をめぐり、記者団の質問に「日 米関係は非常に幅広く深い。一つの問題で定義づけられるものではな い」と述べたと共同は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE