9月英中銀議事録:全会一致で資産購入規模据え置き決定

イングランド銀行(英中央銀行) は今月10日に開いた金融政策委員会(MPC)で、資産買い取り プログラムの規模を1750億ポンド(約26兆1100億円)で維持す ることを全会一致で決定した。23日公表された議事録から明らかに なった。

英中銀は8月に、資産購入規模を500億ポンド拡大していた。 同月のMPCでさらに大幅な拡大を求めたキング総裁とデービッ ド・マイルズ氏は、一段の規模拡大は依然として適正との考えを示 す一方で、合意を重視するとして大勢に従う姿勢に転じた。

キング総裁ら9人から成るMPCは今月、政策金利を過去最低 の0.5%に据え置くことも決めた。

MPCは議事録で、「8月の会合でより大規模な刺激策を求め ていた一部メンバーは、資産買い取りプログラムの規模拡大が依然 として適切であろうとの見解を示した」と説明。「ただ、中期的見 通しに関する著しい材料が欠落していることから、プログラムを調 整するよりも、8月に発表したプログラムを継続するプラス面のほ うが現時点では上回っている」と記述した。

キング総裁とマイルズ氏は8月会合で、資産買い取りプログラ ムについて最大2000億ポンドへの規模拡大を主張していた。英最 大の経営者団体、英産業連盟(CBI)は23日、今年7-9月(第 3四半期)の経済成長率見通しを上方修正したほか、イングランド 銀は同プログラムの現行枠での購入を完了した後は、買い取りを止 める可能性もあると予測した。

MPCはまた、住宅や株式などの資産価格は上昇し、景気拡大 に対する短期的なリスクは低下したとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE