IMF専務理事:G20は危機脱却で協調を、中国の役割拡大を予想

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は、今週ピッツバーグで開催の20カ国・地域(G20)緊 急首脳会合(金融サミット)では世界経済のリセッション(景気後退) 脱却への取り組み維持を図るべきだと訴えた。また持続的な回復実現に 向けて、中国の役割拡大が予想されると述べた。

同専務理事はワシントンで21日、インタビューに応じ、「こうした 協力や経済協調は以前よりも実現しやすくなった」と指摘。24-25日の 金融サミットはグローバル化への対応でどのように協調するのかを見直 すチャンスであり、成功の可能性はあると語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE