7月の米FHFA住宅価格指数:前月比0.3%上昇

米連邦住宅金融局(FHFA) が22日に発表した7月の住宅価格指数は前月比0.3%上昇した。ブ ルームバーグがまとめたアナリストの予想中央値は0.5%上昇だった。

6月の改定値は0.1%上昇と、速報の0.5%上昇から下方修正さ れた。7月は前年同月比では4.2%低下と、年初来で最小の下落率とな った。

NAHBのチーフエコノミスト、デービッド・クロウ氏は「全体の 景気回復は1つの理由により弱い状態となっている。それは住宅市場の 回復の弱さだ」と述べた。

米住宅市場は3年にわたる市況悪化で価格が28%下落し、住宅差 し押さえ件数が過去最高に膨らんだ。初回購入者に対する優遇税制や住 宅価格の下落により需要は戻りつつあるが、失業率は26年ぶりの高水 準にあり、買い手の多くは市場から遠ざかっている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro, Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Kathleen M. Howley in Boston at +1-978-913-9100 or kmhowley@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Mirabella at 1-212-617-4149 or amirabella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE