サウジアラムコCEO:来年も遊休油田からの原油採掘見込みはない

サウジアラビアの国営石油会社、 サウジアラムコのハリド・アルファリ最高経営責任者(CEO)は21 日、世界的な石油への需要回復はまだ始まっていないとして、2010年 中も遊休油田から原油を採掘する可能性はほとんどないとの見通しを示 した。同氏はサウジのジッダでインタビューに応じた。

サウジアラビア石油省によると、同国では原油生産能力の3分の 1に相当する日量約400万バレルの生産設備が遊休となっている。 原油輸出最大手でもあるサウジアラムコは、新たな油田や製油所の開 発に向け2012年までの5年間に900億ドルを費やす計画だ。

原題:Saudi Aramco Chief Sees Idle Oil Fields

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE