グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3営業日ぶりに上昇。8月の米景気先行指数が5 カ月連続で上昇したことやアジア開発銀行が中国と域内経済の見通し を上方修正したことを好感した。

衣料小売りチェーン運営の香港のエスプリ・ホールディングス (330 HK)は英HSBCホールディングスによる投資判断引き上げ で3.9%高。中国の携帯電話サービス最大手、チャイナ・モバイル (中国移動、941 HK)は先月の加入者増を明らかにし2.4%上げた。 香港の不動産会社、チョンコン・ホールディングス(長江実業集団、 1 HK)は社主の資産家、李嘉誠氏が株式を買い増したことから

1.7%上昇した。

ハンセン指数は前日比228.29ポイント(1.1%)高の

21701.14。前日までの2営業日で1.4%下げていた。ハンセン中国 企業株(H株)は前日比0.8%高の12511.55。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が反落し、2週間ぶりの安値で 取引を終えた。企業による新株発行で既存の株式から資金がシフトす るとの懸念が売りにつながった。

個別銘柄では、時価総額で世界最大の企業であるペトロチャイナ (中国石油、601857 CH)が2.2%安、米シティグループが出資す る上海浦東発展銀行(600000 CH)は4%安。国元証券 (000728CH)は、新株発行で当局の承認を得たのを受け、6.7%安 となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動し ている上海総合指数の終値は前日比69.46ポイント(2.3%)安の

2897.55と、9月7日以来の安値となった。上海、深セン両証取の A株に連動するCSI300指数は同77.58ポイント(2.4%)安の

3131.03で引けた。

【インド株式市況】

インド株式市場では、センセックス30種株価指数が5営業日連 続で上昇。ムカジー財務相が、始まったばかりの景気回復を支えるた め、当局は政策金利を過去最低水準に据え置くことが必要との考えを 示したことを好感し、金融株が高くなった。

住宅金融でインド最大のハウジング・デベロップメント・ファイ ナンス(HDFC)は5.1%上昇。ムカジー財務相は19日にバンガ ロールで、インドの株価指数は堅調に推移しており、当局はこのよう な流れを妨げるのを避けるだろうと発言した。国内2位の銀行、IC ICI銀行は1.3%高。国内最大の乗用車メーカー、マルチ・スズ キ・インディアも1.1%上げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前営業日比145.13 ポイント(0.9%)高の16886.43と、昨年5月22日以来の高値で 引けた。

HDFC(HDFC IN)の終値は2666.20ルピー、ICICI銀 (ICICIBC IN)は852.50ルピー。マルチ・スズキ(MSIL IN) は1657.85ルピーと、03年7月の上場以来の高値を更新した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比13.7ポイント(0.3%)安の4663.7。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比23.38ポイント(1.4%)高の

1718.88。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比33.43ポイント(0.5%)安の7469.03。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前営業日比37.72ポイント(1.4%)高の

2685.63。

【マレーシア株式市況】

22日のマレーシア株式市場は祝日のため休場。取引は23日に 再開される。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比11.21ポイント(1.6%)高の724.37。

【インドネシア株式市況】

18-23日のインドネシア株式市場は祝日のため休場。取引は24 日に再開される。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前営業日比4.55ポイント(0.2%)安の

2784.78。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE