日航:当社が発表したものではなく、事実とは異なる-債務超過報道で

日本航空は22日、2009年度末に実 質的に債務超過に陥る可能性が高いなどとの報道に対し、「当社が発表 したものではなく、事実とは異なる」とコメントを発表した。

22日付の日本経済新聞は、日本政策投資銀行など主力金融機関が 政府に対し同社の優良事業と不採算事業に切り分ける「新旧分離」を含 む抜本策を求める意向だと報じた。日航が、収支の赤字拡大や、機材な どの引き当てを積み増したり、年金債務を厳格に反映した場合、今期末 に実質的な債務超過に陥るとの見方を強めている。公的資金投入を可能 にする特別立法を要請することも視野に入れるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE