中国政府系ファンドのCIC:商品取引会社ノーブル株式15%取得へ

中国の政府系ファンド(SWF)、 中国投資(CIC)は、香港を拠点とする商品取引会社ノーブル・グル ープの株式を15%取得する。ノーブルは、中国での石炭や鉄鉱石、大 豆に対する需要から恩恵を受けている。

CICは、ノーブルの新株および既存株式を8億5000万ドル相当 取得する。取得価格は直近の市場価格を8.1%下回る水準に設定されて いる。ノーブルの発表資料によると、CICに売却される株式には、リ チャード・エルマン最高経営責任者(CEO)が保有する1億3500万 株や、4億3800万株の新株が含まれる。

CICは、過去にブラックストーン・グループやモルガン・スタン レーなどの金融企業への投資で損失を被ったことから、商品への投資を 増やしている。ノーブルの今年第2四半期の利益は、中国が景気刺激策 に伴って原材料輸入を増やしたことを追い風に倍増した。

HSBCホールディングスのアセット・アロケーション調査部門デ ィレクター、ツァン・ツィミン氏(香港在勤)は「CICはここ3-6 カ月間で海外投資のペースを加速し始めており、その対象は金融資産か ら商品へ移り、方向性をはっきりと示している」と指摘。「商品資産を 長期間保有するのであれば、商社が必要だ」と語った。

ノーブルは9月15日、ある投資家と交渉中であることを明らかに し、その日から同社の株式はシンガポール市場で売買停止となっている。 売買停止前には2.30シンガポール・ドルで取引されていた。売買停止 は23日まで続く。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE