米AMR:最大5.2億ドルを追加調達へ、日航出資に充当かは言及せず

アメリカン航空の親会社、米AM Rは21日、普通株3000万株と2億5000万ドル相当の転換社債を発 行すると発表した。これにより、最大5億2090万ドル(約480億 円)を調達する。

AMRは需要次第では最大450万株の普通株と、3750万ドル相 当の転換優先債(償還2014年)をさらに販売する。資金調達の目的 は一般事業向けという。

AMRは17日にも現金と航空機向けファイナンスで計29億ドル を調達したことを明らかにしていた。同社の広報担当者、アンディ・ バックオーバー氏は調達資金を協議中とされる日本航空への出資に充 てるかどうかについてコメントを避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE