NY外為(23日):ドル上昇、FOMC受けリスク許容度低下

更新日時

ニューヨーク外国為替市場では ドルが対ユーロで上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発 表後も米景気に対する一段の信頼回復にはつながらず、高利回り通貨 への需要が減退した。

ドルは対ユーロで一時下落した。FOMCが低金利を維持する意 向を示唆したことに反応。一方、FOMCが総額1兆4500億ドルの 住宅ローン担保証券(MBS)と住宅関連機関債の購入プログラム終 了を3カ月延長すると明らかにすると、ドルは買い戻され、下落幅を 縮小した。米景気回復は想定ほど力強くないと示唆されたことが背景。

モントリオールに本社を置く為替ファンド、フィヨルド・キャピ タルのローラン・デボワ社長は「何も目新しいことはなくとも、ドル 安の継続はあり得るようだ。市場は外国通貨に対しある程度のロング (買い持ち)ポジションを建てていたのかもしれない」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時22分現在、ドルは対ユーロで0.4% 高の1ユーロ=1.4730ドル(前日は同1.4790ドル)。一時は08年 9月23日以来の安値となる同1.4844ドルを付ける場面もあった。 ドルは対円で0.3%高の1ドル=91円37銭(前日は同91円10銭)。 円は対ユーロで1ユーロ=134円60銭(前日は同134円76銭)。

FOMC声明は、住宅ローン関連債の購入ペースを「徐々に緩め」、 2010年第1四半期末までに完了することを想定していると表明した。 当初計画では同購入プログラムは年末までに終了する予定だった。F OMCでは政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目 標をゼロから0.25%の範囲に維持すると決定。ブルームバーグがまと めたエコノミスト調査でも93人全員が金利据え置きを見込んでいた。

出口「程遠い」

シュナイダー・フォーリン・エクスチェンジの市場分析担当責任 者、スティーブン・ガロ氏(ロンドン在勤)は「資産購入プログラム を来年3月まで延長することは、FOMCの政策は出口から依然程遠 いことを意味している」と指摘。「将来的に資産購入規模の拡大が必要 になった場合に備え、金融当局に余裕を与えたかっこうだ」と述べた。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は0.4%上昇の76.404。同指数は3月に付けた今年の最 高水準89.624からは15%低下している。利回りの高い資産購入の ためドルが売られるとの観測が高まったことが背景。

FXコンセプツのポートフォリオマネジャー、スコット・エンス ベリー氏によると、一部投資家はFOMCが住宅ローン担保証券の購 入を減らすことを期待していた。

エンスベリー氏は「ドルの基調は継続する。変わる理由は何もな い」と述べた。

FF金利見通し

ブルームバーグがまとめたエコノミスト65人の予想中央値では、 FOMCはFF金利の誘導目標を09年1-3月(第1四半期)末ま で据え置くと見込まれている。別のエコノミスト調査によると、ドル は対ユーロで年末までに1ユーロ=1.45ドルまで上昇する見通し。

ドルは対円で下落する場面もあった。米ピッツバーグで今週開催 される20カ国・地域(G20)首脳会議で、世界的な貿易不均衡を是 正するためドル以外の通貨切り上げの必要性を示唆するとの観測が高 まった。

DBSグループ・ホールディングスのシニア為替ストラテジスト (シンガポール在勤)、フィリップ・ウィー氏は調査リポートで、 「G20首脳会議が国際金融システムの改革に向け取り組むなか、ド ルは引き続き売り圧力にさらされる」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE