米国株(21日):反落、上げ過ぎ警戒で売り-BOAが安い

米株式相場は反落。前週末には ダウ工業株30種平均が11カ月ぶりの高値をつけたことから、これ に至る6カ月間の上昇ペースに企業の増益が追いつかないとの見方 が広がり、アジア、欧州の株安の流れを引き継いだ。

米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)は政府との損失負担合 意を破棄する可能性が米紙ウォールストリート・ジャーナルに報じら れ、2.2%下げた。原油価格が1バレル当たり70ドルを割り込んだ のを背景に、S&P500種採用のエネルギー銘柄40社のうち33銘 柄が下落。なかでも油田サービスのハリバートンの売りが目立った。 ニューモント・マイニングは金価格の下落を嫌気して安い。住宅建設 のレナーは損失倍増から売りを浴びて3.1%下げた。

フィフス・サード・アセット・マネジメントの最高投資責任者 (CIO)、キース・ワーツ氏は「株式相場は危うい状態だ」と指摘。 「これほどの大幅高の後だけに何らかの反落は当然と思われている。 景気の悪化に歯止めがかかったという見方はもう古い。投資家が求め ているのは企業利益が実際に成長を再開できるのか確かな手がかり だ」と述べた。

S&P500種株価指数は前週末比0.3%安の1064.66。ダウ工 業株30種平均は同41.34ドル(0.4%)下げて9778.86ドル。ニ ューヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は2対5。S&P500 種の産業別10指数ではヘルスケアとテクノロジーが上昇、8指数が 下げた。

S&P500種は先週の取引で2.5%上昇。3月9日につけた12 年ぶり安値からは58%戻した。ブルームバーグの週間データによる と、採用500銘柄の株価収益率(PER、継続事業、実績ベース) は20倍近くに上昇し、2004年以来の高水準となった。

ファンダメンタルズをオーバーシュート

グラスキン・シェフ・アンド・アソシエーツのチーフエコノミ スト、デービッド・ローゼンバーグ氏はブルームバーグテレビジョン とのインタビューで、S&P500種は大恐慌以降で最も急ペースの上 昇を遂げたと指摘し、米国株は過大評価されているとの見方を示した。

ローゼンバーグ氏は、「米国株式相場はテクニカル面と勢いに 押されて上昇してきた」とし、「ファンダメンタルズ(経済の基礎的 諸条件)から見て適正な水準を越えてしまった。少なくとも目先につ いては、私はやや不安になっている」と語った。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが朝方に発表した8月の 米景気先行指標総合指数(LEI)は前月比0.6%上昇した。これで 5カ月連続プラスと、2004年以降で最長となった。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値では0.7%上昇が見 込まれていた。7月は0.9%上昇。統計発表後も株式相場の軟調に変 わりはなかった。

クルーグマン教授

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン米プリンスト ン大学教授はヘルシンキでのセミナーで、世界経済は恐らく底を打っ たと述べ、米国の景気後退も恐らく7月後半か8月に終わったとの見 方を示した。

今週はピッツバーグで20カ国・地域(G20)緊急首脳会合 (金融サミット)が開かれ、世界経済の再生と金融規制の強化が討議 される。オバマ米大統領は20日、CNNとのインタビューで、「雇 用の状況が大幅に改善することはない。むしろ、今後数カ月でやや悪 化する可能性もある」と述べた。

この日の株式市場ではエネルギー株が0.9%安。ニューヨーク 原油先物10月限は1バレル=69.71ドルで引けた。ハリバートンは

2.5%安。エクソンは0.6%安。コノコフィリップスは1.4%下げた。

米産金最大手のニューモント・マイニングは1.2%下落。金価 格の3日続落を受けて売りが出た。アルコアは0.9%下落。アルミニ ウム価格の1.7%下落を嫌気した。マッコーリー・バンクのアナリス ト、マックス・レートン氏(ロンドン在勤)は、21日付のリポート で、今後半年から1年のアルミ生産は需要を上回る可能性が高いとの 見通しを示した。その上で、市場は強気に転じるというよりも、「弱 気の度合いが軽くなる」と予想した。

金融株に売り

BOAを中心に金融株に売りが出た。S&P500種の金融株価 指数は0.9%超下落し、S&P500種の産業別10指数で値下がり率 トップ。WSJ紙は匿名の関係者を引用し、BOAはメリルリンチ買 収完了のための暫定的な取り決めだった損失負担合意の破棄で近く 財務省、米連邦準備制度理事会(FRB)と合意する見通しだと報じ た。

下院監視・政府改革委員会の報道官によると、BOAはまた、 21日締め切りのメリルリンチ買収に関する文書提出を怠った。BO Aの発表によると、マーケティング最高責任者(CMO)、アン・フ ァイヌケーン氏は22日、同委員会のタウンズ委員長と協議する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE