「カラシニコフ」製造のロシア銃器メーカー、破たんの危機-裁判所

自動小銃「カラシニコフ」製造 で最大手のロシア銃器メーカー、イズマッシュは、債務不払いにより 経営破たんの危機に直面している。

同社本社があるウドムルトの仲裁裁判所が21日、ウェブサイト に掲載した資料によれば、裁判所は債権者であるグレミカが起こした 破産訴訟について10月7日に審理する。イズマッシュのウェブサイ トによると、グレミカに対する同社の負債は4000万ルーブル(約 12億円)超。

イズマッシュは、鉱山や武器、自動車関連の国営持ち株会社ロシ ア・テクノロジーズの傘下。ミハイル・カラシニコフ氏(89)は 1940年代にカラシニコフ突撃銃「AK-47」を開発した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE