クルーグマン教授:危機脱却への取り組みが「延々と続く」ことを懸念

ノーベル経済学賞受賞者のポー ル・クルーグマン教授は21日、今回の危機からの脱却を目指した世 界の取り組みが「非常に長期にわたり延々と続く可能性がある」と指 摘した。同教授はヘルシンキで開かれたセミナーで発言し、「その結 果、借入金の調達に障害が生じ、社会的かつ政治的な問題が起こる。 私が大きく懸念するのは、危機脱却の取り組みが延々と続き、政治的 かつ社会的な安定に深刻な影響を及ぼすことだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE