米レナーの6-8月期:赤字幅が2倍に拡大-金利コストと減収響く

売上高で米住宅建設3位のレナー が21日発表した2009年6-8月(第3四半期)決算は、金利コスト と売り上げ減少が響いて前年同期から赤字幅が2倍に膨らんだ。

発表資料によると、純損失は1億7160万ドル(1株当たり97セ ント)と、前年同期の8900万ドル(同56セント)から拡大。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたアナリスト14人の予想平均では、1株 当たり約51セントの損失が見込まれていた。これで10四半期連続の 赤字となった。

6-8月期の住宅建設の売上高は、前年同期比42%減の6億4360 万ドルにとどまった。一方、利払いは4070万ドルと47%増えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE